iqos

【サプリは注意?】育毛剤イクオスは女性の薄毛にも効果があるのか?

薄毛というと男性に多い症状に思われますが、女性でも薄毛の悩みを抱えている方が増えてきています。

薄毛が男性だけの悩みではない今、イクオスのような育毛剤が女性に効果があるのかどうか、気になる方も多いでしょう。

「髪は女の命」と言われていますし、女性の薄毛に関する不安や悩みをイクオスなら解消してくれるかもしれません。

そこで今回は、女性の薄毛の原因と、イクオスの効果や危険性について解説していきます。

近年増加する女性の薄毛の原因とは?

更年期による髪のボリュームの減少や、産後の抜け毛などの悩みを抱える女性が多く、最近では若い世代でも薄毛に悩む方が増えています。

そこで、イクオスの効果を解説する前に、女性の薄毛の原因について解説いたしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

まず、女性の薄毛の原因の多くは「ホルモンバランスの乱れ」が考えられます。

細かく言うと、男性ホルモンが増えることが、薄毛の原因とされているのです。

男性の場合は、生え際や頭頂部が薄くなる、いわゆるM字ハゲやつむじハゲのような症状が多く、AGAと呼ばれています。

一方女性の場合、分け目やつむじ周りが薄くなり、地肌が目立つような症状が現れます。

このような症状はFAGA(女性男性型脱毛症)、または、びまん性脱毛症とも呼ばれます。

薄毛に悩む女性の多くて半数ほどが、このFAGAが原因と言われています。

では、FAGAはなぜ男性ホルモンが原因となるのでしょうか。

その仕組みは、男性の薄毛の原因であるAGAと同じです。

まず、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結びつき、脱毛作用のあるDHTが作り出されます。

それにより毛根が攻撃され、抜け毛を引き起こしてしまいます。

元々女性の体にも男性ホルモンはありますが、更年期や産後などで女性ホルモン(エストロゲン)が減少してしまい、逆に男性ホルモンが増えるということが起きてしまいます。

そうするとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位となることが原因で、先ほどの仕組みにより抜け毛や薄毛に繋がってしまう、という訳です。

そのため、女性ホルモンが減少する更年期に至っては、薄毛に悩む人が増えるのも当然のことかもしれません。

加齢による頭皮の老化

歳を重ねることによる「頭皮の老化」が原因とも考えられます。

頭皮は日々の生活の中で、乾燥や紫外線、活性酸素、皮脂などにより、少しずつダメージが蓄積されているのです。

また、加齢に伴いダメージを受けやすくなり、髪の毛のトラブルを引き起こしてしまう原因となるのです。

また、毛母細胞が分裂することにより髪の毛は成長しますが、ダメージを受けたり、加齢による新陳代謝が低下することで、分裂する力が弱まってしまいます。

つまり頭皮の老化により、新しい髪の毛が作られなかったり、抜け毛が増えたりと、ヘアサイクルが乱れ、薄毛に繋がるということになるのです。

普段の生活習慣の乱れ

他にも考えられる原因として「生活習慣の乱れ」が挙げられます。

髪の毛というのは、カルシウムやアミノ酸、たんぱく質など、多くの栄養から作られています。

そのため、食生活が乱れ、栄養不足に陥ってしまうと、髪の毛を作るための栄養が十分に得られません。

結果的に、元気のない細い髪の毛しか生えてこず、薄毛の症状に繋がっていきます。

また、髪の毛は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって育ちますので、睡眠をしっかりとることも重要となるのです。

そのため、過度のダイエットや夜更かしが原因で栄養不足や睡眠不足に陥り、抜け毛が増えることもあるでしょう。

このように、生活習慣の乱れが原因で、薄毛に悩まされることもあるのです。

イクオスは女性の薄毛や抜け毛に効果ある?

では、育毛剤イクオスは、そのような女性の薄毛にも効果はあるのでしょうか?

結論から申し上げると、育毛剤イクオスは女性の薄毛や抜け毛にも効果が望める商品です。

というのも、そもそもイクオスは男女兼用として開発された商品となっているため、女性の薄毛にも十分に期待できるでしょう。

では具体的に、イクオスはどのように作用してくれるのでしょうか。

男性ホルモンをブロック!

女性の薄毛の症状であるFAGA(女性男性型脱毛症)は、脱毛作用のあるDHTが作り出されることが原因とお伝えしたかと思われます。

FAGAにより乱れてしまった髪の毛のサイクルを整えるためには、そのDHTを増やさないようにしなくてはいけません。

そのために、DHTを作ってしまう原因である5αリダクターゼを抑制する必要があるのです。

イクオスには、5αリダクターゼの働きを抑制する、5種類の成分が配合されています。

(オウゴンエキス・クララエキス・大豆エキス・ヒオウギ抽出液・ビワ葉エキス)

上記の成分の中でもオウゴンエキスは、5αリダクターゼを77%も抑制し、脱毛作用のあるDHTの生成を減らしてくれます。

男性ホルモンをさらにブロック!

5αリダクターゼを抑制しても、DHTの生成を全て防げるわけではありません。

そもそもDHTによる抜け毛は、そのDHTと頭皮にあるアンドロゲンレセプターから生成される、脱毛因子TGF‐βが髪の毛を弱らせる指令を出していることが原因です。

そのため、脱毛因子TGF‐βをブロックするための成分がイクオスには配合されています。

DHTが生成されてしまったとしても、その指令を邪魔する事で抜け毛が起きないようにしているのです。

その結果、イクオスは抜け毛の原因である男性ホルモンを二段階でブロックし、ヘアサイクルを整えることができます。

このようなことから、イクオスは女性の薄毛や抜け毛にも高い効果が望めるでしょう。

エイジングケア成分配合

イクオスには、加齢による頭皮の老化を改善できる、エイジングケア成分が7種類も配合されています。

具体的にどのような作用があるかというと、細胞の活性化、保湿、抗菌・抗炎症作用、抗酸化、皮脂の分泌の制御、血行促進などが期待できます。

例えば、細胞の活性化により髪の毛の成長を促し、皮脂バランスを整えて保湿をすることで、細菌などのダメージから頭皮を守ることができます。

また、血行促進により、髪の毛に栄養が行き届く作用も期待できるでしょう。

このようにイクオスは、他の育毛剤と比べても、エイジングケア成分が多く配合されているため、女性の頭皮の老化改善に大いに効果が望める商品と言えるのです。

新成分による育毛促進

これまでに説明した作用により、抜け毛予防や頭皮の改善が期待できます。

次に重要なことは、健康な髪の毛を生やすこと、つまり育毛促進です。

そもそもリニューアル前のイクオスには、M-034という海藻エキスが配合されていました。

そしてリニューアル後のイクオスには、M-034とペルべチアカナリクラタエキスの2つの海藻エキスを配合した「Algas-2」という新成分が配合されています。

Algas-2は、臨床実験により効果が実証されている期待の新成分であり、120人中93人の方が、3か月以内に育毛効果を実感している、という実験結果が出ているのです。

そのため、リニューアル前のイクオスと比べても、育毛のより高い効果が期待できると言えるでしょう。

低分子ナノ水で深く浸透

いくら薄毛に効果が望める成分が配合されていても、その成分が届かなくては意味がありませんよね。

そこで、イクオスでは成分が浸透するように、低分子ナノ水というのを採用しています。

低分子ナノ水という小さな成分のおかげで、配合されている61種類の有効成分を毛根まで浸透させることが可能です。

そのため、老化で固くなってしまった女性の頭皮にも、成分をしっかり届けられる効果が望めます。

イクオスの危険性や副作用は?

イクオスは女性の薄毛にも効果があるとご紹介してきましたが、使用する上でその安全性も気になるところかと思います。

イクオスは、配合されている61種類もの成分が天然由来であり、頭皮への負担をかけない無添加の育毛剤となっています。

そのため、副作用がでるような危険な成分は含まれていませんので、安心してご利用いただける商品だと言えるでしょう。

イクオスサプリEXはどうなの?

イクオスだけでなく、育毛サプリである「イクオスサプリEX」も、女性の薄毛や抜け毛に効果が望める商品です。

こちらも新たに改良され、配合されている成分数や成分量が業界一を誇っています。

その成分の中には、亜鉛や大豆エキス、血行促進が期待できるプサイシンが含まれており、髪の毛の生成を手助けしたり、髪の毛の元になったりと、育毛作用が大いに期待できます。

妊娠・授乳中はイクオスサプリEXに要注意!

イクオスサプリEXは安全で優秀な製品ではありますが、妊娠・授乳中の女性の摂取は止めた方が良いでしょう。

というのも、イクオスサプリEXを妊娠・授乳中の女性が摂取した場合の安全性の確認が取れていません。

また、イクオスサプリEXには、ノコギリヤシという成分が配合されています。

多くのメーカーからノコギリヤシサプリが販売されているのですが、中には妊娠・授乳中の女性は摂取しないように記載されているのです。

では、そのノコギリヤシがどのような作用をもたらすのかを、念のため解説いたします。

ノコギリヤシはどんな作用があるの?

そもそもノコギリヤシは、前立腺肥大症の改善や予防、頻尿・尿漏れの改善、抜け毛の予防に効果が望める成分です。

どれも男性ホルモンの乱れが原因で起こる症状であり、それを改善できるノコギリヤシは、男性ホルモンを整える作用があると言えます。

具体的には、脱毛作用のあるDHTの生成を抑制するために、その原因である5αリダクターゼを阻害する作用を持っているため、男性ホルモンが原因の症状に効果があるのです。

では、妊娠・授乳中の女性がノコギリヤシの成分を摂取してはいけないのは何故でしょう?

妊娠・授乳中のイクオスサプリEXはなぜダメ?

ノコギリヤシが制御してくれるDHTは、必要のないものに思えますが、妊娠・授乳中の女性にとっては悪いものとは言い切れません。

というのも、胎児が男の子の場合、男性機能の成長にDHTが関わってくるのです。

また、そのDHTの生成のため、5αリダクターゼも必要となります。

つまり、妊娠中に母親がノコギリヤシを摂取してしまうと、5αリダクターゼを阻害しDHTの生成が抑制され、必要なDHTが得られないために、胎児の性機能の成長が未発達になってしまう可能性があるのです。

念のため、妊娠の予定がある方も飲まない方が良いでしょう。

授乳中においても、母乳から男児にノコギリヤシの成分が伝わってしまうと、男児のホルモンバランスに影響を及ぼす恐れがあります。

このように、妊娠・授乳中の女性がイクオスサプリEXを摂取すると、ホルモンバランスを乱す可能性があり、胎児に悪影響が出てしまうかもしれないのです。

以上の理由から、妊娠・授乳中の女性は、イクオスサプリEXは飲まない方が良いでしょう。

まとめ

女性の薄毛にイクオスは効果があるのか?について解説してきましたが、十分に効果が望める商品と言えるでしょう。

女性の方でも、抜け毛や薄毛に対して不安や悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃるはずです。

その不安を取り除いてくれるのは、イクオスかもしれません。

薄毛が進行する前に、対策としてイクオスのご使用をおススメいたします。

また、イクオスサプリEXも良い製品であり、効果が期待できるでしょう。

しかし、妊娠・授乳中の女性は何かあるといけませんので、飲まないようにしてください。